老人

ISDN回線について

時代の流れとともに技術は大きく進歩し、従来のものの進化だけでなく新しいものが開発されることも多くあります。紙媒体かたデジタルの媒体になっていることがそれを指しています。

この記事の続きを読む

医師

ベッドの活用

施術ベッドは整骨院やエステサロンでもよく利用されていますが、ベッドには様々なタイプがあります。施術をする他にも介護を目的として利用している人も多いです。折りたたみ式のベッドなら出張でも持っていくことができます。

この記事の続きを読む

学習机

介護支援

通所介護を行なう介護施設では介護ソフトを利用して業務の効率化を図っています。パソコンを利用することで大変な作業でも一括に行なうことができ、これからも重宝されていくと考えられています。

この記事の続きを読む

問診表

老人ホーム

有料老人ホームはその人の状態によって入居が可能が決まっています。老人ホームではスタッフが高齢者のお世話をするとともに、様々なレクリエーションを開催して楽しませています。有料サービスでは24時間の介護も受けることができます。

この記事の続きを読む

今後も増える

作業の効率化を図りませんか?介護伝送ソフトを導入しましょう!パソコンが苦手な方でも簡単に扱えますよ!

介護に必須の資格ならこちらで介護職員初任者研修に関して調べてみましょう。取得する為の学校等を様々な面で比較しているので参考になりますよ。

看護婦

日本の人口の少子化および高齢化によって、介護が必要な施設や人々が増加しています。しかし、介護に携わる人材は慢性的に不足しており、2025年にはおよそ30万人の介護職員が不足すると推計されています。 一方、介護職を目指す若い世代も多く、介護のプロと言われる介護福祉士を目指すことが最初の目標となりますが、介護に関する資格がいくつも存在し、キャリアパスが複雑でした。 そこで、ホームヘルパー2級が2013年3月末に廃止され、それを継承して設置された研修課程が介護職員初任者研修です(同時に、ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修も統合され、実務者研修へ1本化されました)。 介護職員初任者研修が介護福祉士になるための登竜門となります。

ホームヘルパー2級は廃止されましたが、既に取得している場合は、介護職員初任者研修の修了者として扱われます。 まず、介護職員初任者研修では、130時間の養成カリキュラムを受講します。ここでは、ホームヘルパー2級で行なわれていた5日間の施設実習や訪問介護実習が廃止されました。逆に、認知症の理解を深めるための科目が追加になっています。 また、新たに修了評価試験(1時間程度)を実施します。 介護職員初任者研修の修了者は、次のステップとして、実務者研修(450時間)を受講しますが、450時間のうち、130時間が免除されます。 実務者研修の受講および3年以上の実務経験を積むと、介護福祉士を受験する資格が与えられます。